どう補う中に益の脳卒中息補う中に益の息黒米党参粥調理法

党参は人参、しかし効果は人よりもまちまちで、党参に体が比較的に弱い人にとっての最高の栄養を補給する薬、体質が虚弱で、血気の不足、やつれて顔色が悪い、病後産後体虚者の好みの气虚宜食;、神は疲れている、手足がだるい、食が少ない軟便、慢性下痢、肺の息息が切れる气虚不足、咳、体が弱くて、風邪气虚やすい;貧血者宜食、慢性腎炎蛋白尿者宜食、慢性貧血,萎黄病、白血病,脳卒中、血小板減少性紫斑病や佝僂病患者宜食.上記の病証古伝の処方で、人参者現代常に同品の代わりに.

黒米党参粥

宜食黒米党参粥調合:党参、白茯苓各じゅうごグラム、生姜ブロックごグラム、黒米ひゃくグラム、氷砂糖ろくじゅうグラム、水適量を加えて、共におかゆ.黒米党参粥は補う中に益の息、内臓を強くする作用を目的に气虚体が虚弱で、全身倦怠、好みの力がなくて、食欲不振,大便などの患者食用薄い.

Pは大根うるち米

では

宜食大根うるち米粥調合:大根250グラム、うるち米ひゃくグラム、ショウガの糸はちグラム、ラード25グラム、塩さんグラム、水適量を加えて、共におかゆ.大根うるち米粥は消化を助ける利ガス、幅で喉の渇きの作用、適要素肥料、甘、おいしい食べ物が多い食で消化力の弱い患者食用.

P菊雑炊

宜食菊粥調合:うるち米250グラム、干物の杭白菊じゅうごグラム、水適量を加えて、共におかゆ.菊のお粥は解熱解毒作用、適头眩、眼病、高血圧、皮膚などの患者食用瘡癰.