どう防ぐ老ろく(視力に対して保護を助脳卒中ける

の年齢の増加は、人々の体にも様々な症状が現れ、老眼では人々がよく高齢段階の1種の眼の病気で、もしみんなは普段保養の適切なば、有効な予防老眼の出現、じゃあ、どう防止老眼になるだろう?

p> <いち、体操する保健法

大丈夫な時がやって目の保健体操をし、具体的な措置は,①両手で中指往復マッサージ眉にじゅう度、②両手で4つの指の両側にマッサージにじゅう回目、③両手で中指を下から至上マッサージ鼻筋にじゅう度、④両手で中指を時計回りにマッサージにじゅう太陽穴次、その逆時計にじゅう度、⑤両手親指マッサージ耳元にじゅう回、守る両手親指と人指し指を握る耳たぶへプルダウンにじゅう度.

P2、倉敷かばい

Pは顔を洗う時に、先にタオルを熱湯に浸して、両目、茹でる部と眼窩部位、何度も交換して、目の血管の暢の流れによって、目の前の酸素分と栄養を供給することを供給することができます.普段暇な時に、目を閉じて、両手のひら擦热両眼に置いて、軽く押さえいち分.

p3、タイミングで眺めて<P>毎日早起き、昼、夕方前、眺める1~2度,緑の植物を眺めて、ゆっくりと、目の前から、視力機能を改善し、目の前を調節します.

p4、目活動法は

Pは、1発の興奮した目を利用し、次のように眼球をスクロール、時計回りと逆時計回りに回転し、目の血液循環を改善し、目の運動にも奮起がある.具体的なやり方は一つであるとしても、15度くらいは、両手で軽く目をこすって、眼球を潤し.

p5、ツボ押捺法

瞑るは、両手の中にはこめかみとして、薬指は眉の中部の魚の腰の穴に押して、小指は眉の内側のためるのバンブーに合わせて、適当に押さえて.5分、目の疲れ、目の明るい神は、すべての5分の疲労を緩和することができます.

6、冷水洗眼法

では毎日朝から寝る前に冷水で目を洗って顔を洗って.目には目を清潔にして1~2分も手で水をかけて、タオルで目をこする、指で軽く目のまわり30回ぐらいは指で軽くします.

の目は心の窓から、目にきわめて容易な出現の部位にさまざまな問題や疾病,脳卒中、みんなで普段が気になって、老眼は、年配の人がきわめて容易に現れた病気で、そのため、本文に助言する6種類の予防法老眼の方はみんなによけいに理解する必要がある.