に脳卒中ぎやかには

を割いて繁華荣归か所、笑う闌珊瀋琴ノ.

世の変転し

、心疲れだるくて意;贅沢三昧である、みだらな贅沢消方角に生息して;

真夏の夜茫然、四月魏会;蜃気楼、日月夏弥、魅惑の香り.

p>は思いきり<時間、火ともしごろ,脳卒中、遊びながら、子供のような心を隠して年月難しい、私もうなくて、顔は、古い、記憶に永遠にまで;

時間なら飛んで、歳月の歌のように、私たちは喜びで日、麋惑の意味が分からないで、私箸も持たぬ丸焼き、傷だらけ、時間だけ留滞、天地の果てまで.

夏の盛夏、放縦真夏,放縦に揺れて.

P君が登場する、独は私のために、精緻な顔、魂は不羈おこがましい;

君は振り返ると、忘れられない、派手な衣装、心身が巨大になる.

優雅な姿で、貴族の子弟オーラを、私は落ちぶれて、日光、私ならダイヤモンドまばゆくて、きらきら光る.

私たちは昔、顔かたちがなくて、私たちは元になって、天長地久になって、永遠に天長地久,
;

になって全部、すべて、傷だらけ、私たちは元になっているかどうか、どこまでも.

時間が消え、やっと花が咲くかどうか:朝、ゆっくり帰るなり;

命がほぼ尽きようとして,やっと:情随事迁かどうか、感慨系之なり、収納.