サツマイモ4種の脳卒中食べる法の癌の効果は倍増します

1、最高の昼から一日の時間帯に食べて、最も昼ごろにイモを食べ、食べてからサツマイモた後、人体の内で4~5時間の吸収を経て.同時に、午後の日差しはちょうどカルシウムの吸収を促進することができます.夜はサツマイモを食べ、糖分が多く、体が一時的に吸収され、肚になりやすい.二,甘いものと一緒に食べるなかれサツマイモはないが甘いもの食べてから自分と、サツマイモは甘くて、もしに加えて、甘いものを共に、増える胃食道逆流の可能性.三、焼き芋を皮ごと食べないで熱々の焼きサツマイモ、甘くておいしい、あるはまだ流出油を焼く糖.サツマイモの皮は焦して、もっとみんなの歓迎を受けて、多くの人は全部皮を連れて食べていきます.しかし、専門家は、焼き芋を皮ごと食べないほうがいい、黒斑菌汚染後のサツマイモ、焼き後見分けにくいので、黒い斑点がありや焦げサツマイモも食べないかも,中毒を起こす.また、今街路焼き芋のほとんどは、すでにオーブンを交換しましたが、まだ多くのはすべて石炭焼きで、石炭燃焼時に大量の二酸化硫黄などの有害物質は多く食べて健康に対して不利.四、空腹のため食用するサツマイモサツマイモ糖分が高く、空腹を大量に胃酸が多過ぎる場合、胃酸を刺激して胃の粘膜による返酸、人が胸焼け感じ.また、サツマイモは一種類の酵素をくわえて、胃腸の中に大量に二酸化炭素、胃が膨れ、しゃっくりなどの症状を起こしやすい.注意したいのは、使い捨てを食べるべきでないのであまりサツマイモ、サツマイモの食べ方にも大いに重んじ.まず、生食サツマイモがよくないので、生のサツマイモ中澱粉の細胞膜を経ていない高温破壊、人体の中で消化しにくい.その次、サツマイモも単に食べないで.サツマイモやフォー食用を組み合わせ、コントロールを一度に食べる量を食べる時、第二に、サツマイモ、組み合わせのいくつかの漬物、塩スープを中和し、また、少量の明礬溶液、ヨード添加塩水に生サツマイモ、そしてさまざまな食品加工.まとめ:、サツマイモ効果作用と食べ方を理解して、きっとみんなはもっと好きサツマイモ,脳卒中、大丈夫食べサツマイモ、がんを遠く離れて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です