孕婦葉酸が不足し、自閉症の脳卒中可能性があり

この発表で『アメリカ臨床栄養学雑誌(ザアメリカンジャーナルオブClinical
Nutrition)』の報告によると、妊婦は妊娠の一か月毎日摂取600マイクロ?グラム(1000分の1 mg)の葉酸を子供に罹っ自閉症やアスペルガー症候群の確率が降低38%.

以前の研究では、妊婦が十分な葉酸を摂取することによって胎児の脳あるいは脊椎に欠陥があることを招いて、そのため,アメリカは1998年から葉酸と他の穀物の中に添加することを添加します.

ニューヨーク州立大学Downstate医学センター教授郭卓斯(エドワードQuadros)は、生命の初期、特に胎児の成長の一年、葉酸を非常に重要な役を演じた、特に大脳は建設基本接続機能の時から、郭卓斯認識不足は、葉酸、多くの運営能力を破壊して脳.

司会同研究のカリフォルニア大学デービス校の研究員のシュミット(Rebecca Schmidt)と彼女の同僚に調べた429名自閉症子供の母親と278人の正常な子の母親を分析し,彼女たちは妊娠中の食習慣と栄養の補充し、進一歩を計算して彼女たちは毎日葉酸の摂取量.

その結果、妊娠肝心の第一ヶ月、正常な子供の母親の平均毎日摂取779マイクロ?グラムの葉酸、そのうち69%に達する人葉酸摂取量の日常に必要な最低標準.

に対し、自閉症児の母の平均毎日摂取第2回は655マイクロ?グラムの葉酸、中には54%の人は毎日600マイクロ?グラムの基本葉酸摂取量.

しかし,脳卒中、すべての分野の研究者はすべて低葉酸葉酸と自閉症間の関係を認めているということではない.でもシュミットは、少なくともこの研究は妊娠中に妊婦が妊娠期間に十分な葉酸を補充しなければならないと考えている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です