我が国の脳卒中食生活はタブーとして18禁忌の禁忌

わが国の医学の家の著作、文人雑記、宗教経書、民間習俗の中で、多くの飲食の禁忌の方面の論述、特にいくつかの古代の養生の家をより重視して、飲食の禁忌.孙思邈の『中国』撮影養枕夫万の病が、多くは食の患、飲食の患声色すぎ、飲食は益も広い、禍も深くて、しかも味百品に触れ、そのタブー、より重い毒、緩者積年で病急者で、災患卒~も.食生活の健康には適しているかどうか明確に言いました.古代の養生の家はまだ各季節の飲食の禁忌としてまとめ:春宜食シン、夏宜食酸、秋宜食苦しみ、冬宜食しょっぱくて、この全て助五臓、益の血気、諸病魔よけ.甘いものを食べてはならない.春は肝、夏は食心、秋には肺、冬は腎臓、四季は脾、これは五臓に食を食べない、それは天理天理.とにかく、古代の養生家は、特に多く、その中には一定の科学の道理があります.

春、人体に徐々に気温上昇に毛穴の環境によって徐々に舒开.しかしこの時余寒未退やすく、肌骨に人体に侵入し,各種の疾病.だから養生の家は、春を飲んでも食べ物もも、禁忌辛いと発散しないように、毛穴を広げてにより、春寒人体を傷つけ生きやすい.民間のことわざは言います:春忌麻黄夏忌ソ、シュンギク、カラシナは腫れ物を食べた、全身痒く難しいつかむ.金元名医李东垣にも思えるが、ニンニク、ニラ、ショウガ、酢(例えば、八角茴香、胡椒)類は、力は強いの発散の品で、人に対して消耗傷、多く食べではいけない.

夏の天気はひどく暑くて、人々は大量に汗が出て、体液を消耗して胃液の分泌は減り、その消化機能が相対的に小さくて、これに加えて夏人々くらい好き冷たいものを食べると、消化しにくい飽き食べ物で肥料.消化不良、腸炎下痢.だから夏は飲食に、1つは肥ねばねばを忌むて、2は生もを食べたことがありません.すべての事物はすべて適度で宜にして、あまりにすぎると災禍.養生の家は、夏に食べる冷たい、だけではなく、赤痢、腸カタル胃腸痙攣誘発下痢、腹痛を起こす、また胆嚢炎、肝っ玉の結石を,心の脳血管疾患など、秋が来る時発生または発作.

秋は涼しく、暑い季節、冷熱常ならず、最も簡単に冷やさもまさに痼疾発作時なので、古人が秋忌涼を非常に重視している.立秋後十日、メロンは少ない食.帝京の景物は秋には生水を飲みません .たくさんの養生の著作も外見について少なく食べてあるいは禁食べ冷たいの重要な.秋の気候は乾燥して一面は、この寒いで乾燥した気候、人間の皮膚、舌が乾燥しやすい、毛が抜けやすい.肺も不利に、慢性気管支炎、肺結核、ぜんそく、風邪などの病気になる.これは人々がよく言う燥は肺に傷ができます」.だから、この季節は他の乾燥していると大补あるいは少なく性の薬や食物.ご飯を食べるべきでなくすくい、牛肉、どぶろく、レタス、毒魚、陈臭咸酢、ぬめりがおさまらないもの.禁物多く食べて炒货,脳卒中、ショウガなどのスパイシーな熱性食」