手の脳卒中ひらに汗をかいている漢方医は発汗部位に体を反映して体の状況を反映して

Pや静汗の分にもあります.天気の環境の原因で汗をかいて汗をかいて、相当に汗をかいて汗をかきます.多くの異常な静汗注意が必要で,例えば自然発汗、寝汗など.一部の人は暑くて、運動時前に心を背中に汗が出て、しかも疲れやすい
,脳卒中、風邪、慌てて、特に風寒がりを恐れて、これは自然発汗は、气虚の表現.夜寝て汗をかき、寝汗という、陰液が不足した表現.汗部位の違い、1人の体の状況を反映することができます.

p> <いち、額に汗をかいて、肝臓の陽の亢

診断:もし額には汗をたくさん、漢方医は肝臓の陽の上で亢を引き起こす可能性の.

提案:普段

をできる限り維持する心境が穏やかで、怒って、十分に睡眠を招きやすくて、さもなくば陰液が不足し、肝陽上亢.毎日、クコ茶で飲むと、肝効果があります.

に、鼻の汗、肺の息不足

診断:もし普段鼻総汗をかいて、肺の息が説明不足,調理気を補う.漢方医はこれは免疫力低下の表現で、免疫力を高める必要があります.

提案:肺の息不足は主にその生まれつき虚弱体質による.両手両足を毎日、そしてポンプ両足の左右に、これは人体肺经分布の部位を刺激によって、調理肺经の作用を果たすことができて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です