抵抗力を強め、脳卒中左手で右手を握る

pは、人としての付き合いには非常に一般的な礼儀だが、多くの人は知らない、自分と自分で握手する方法は、体の抵抗力を高めることができる.

首都医科大学付属同仁病院漢方鍼灸科の主任医師の楊威は記者に教えて、左右の手で押し虎口合い、右手の親指を左手に大魚際部位(親指の下、筋肉の隆起ところ)にしてこねから手のひらは発熱して、そして交換してこね右手左手の親指で押して大魚際、こんなに毎日マッサージにーさん回;あるいは大魚際に両手を擦り合い、まずを片手に固定動かなくて、別の1匹のマッサージ、そして調換し、毎回約いち—に分.このように自己握手は随時行うことができ、非常に簡単です.

これは

から魚際位で肺经で、脳卒中、肺经に各穴は主治医呼吸係とこの条経絡に部位の病症を経て、例えば咳、喘息、風邪を引いて、喉の腫れなど.そして魚際穴主治医の病気、咳、喉の腫れ、失声症喀血と発熱.これはどうしてよくこねによって大魚際は人体の免疫力を高め、強化御風耐寒能力の原因.楊威と.

(実習編集:邓婕瑩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です