末は、脳卒中花が一に落ちる

1地の月光、歩いていて、歩いていた道中、すべてはよく知らないで美しい好奇心、帯を持って、私たちを连れて、私たちを连れて、私たちの中で成長する中で成長している.

chapter1

病気は毎回、自分のチャンスを休み、肉体の痛みの中で、自分の心が慰めを満足することができ、否認できないで、高校、本当に疲れた時、いつも、無数の重荷をいつの間にかの中で、トスは私たちに、私たちは柳に撓う死とは、きっと他にないから方法,.

chapter2

私達はすべてそんなに

に怯え,脳卒中、虚栄の華表で包んでいく,粘り強いぶりを、実際には、あんなに臆病でさえも、認める勇気がない、これが私たちのところは、将来のある日、私達も同化され、そして、そんな過去無知覚日々のすす、繰り返して、無限の輪廻に陥る.

chapter3

は認めざるを得ない、自分の生きてはそんなにの悲しみ、もうこんなに大きいのに,なんか好きになった人は生まれつきかもしれないが、自分はこんなに大きくて、情の商が発達していなくて、知らない人を好きになる感じがないから、足を自分の生活を、自分ではない長い足を止めたい人の生活で、だから、自分でやっとこんなに悲しくて.

私達はすべてそんなに難しくて、そんなに難しくて、そんなに難しいです……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です