歯磨き粉は多く歯を押し合いて、脳卒中歯みがき歯みがきになります注意事項を使用します

多くの人が歯みがきを押し合い時、歯ブラシには、1、積み上げる,積み上げる、フッ素の摂取量が多くなります.フッ素は人体の元素の1つで、人体を欠いてしまいフッ素、ムシ歯病が、体内にはフッ素係すぎても氟斑牙を形成させ、歯がもろくなって.練り歯磨き粉が多すぎると、口腔癌を誘発することができます.練り歯磨きには何種類の活性成分が懸念されています.練り歯磨きの中で広く使う化学物質ラウリンノール硫酸ナトリウムは胃腸病と肝中毒につながる可能性があります.歯磨き中の研磨剤も歯ぐきが傷つけられ、歯ぐきが被害を受けやすいので、歯磨きを使用する場合はあまりにも多すぎます.2:歯磨き粉は多すぎるとフッ素中毒になります.子供はまだ歯みがきを通してフッ素中毒、主は子供の自制力が劣るので、歯みがきの現象が現れやすいので、このように摂取するフッ素はとても高くて、体内のフッ素含有量が高いです.研究者は、3歳~6歳の子供に対して歯みがきを行うことがあると、研究者は、3歳から4歳の子供には、歯みがき歯みがきの量が大きい、最多の80
%以上の歯磨き粉が間違っている.体内にもしフッ素含有量の高い成長過程の中で、歯のエナメル上皮中毒変異ので、氟斑牙形成.成人の主は口腔粘膜が歯みがきの中のフッ素を吸収して、だから、フッ素の歯磨きをくわえて摂取するフッ素はごくまれで、あまりに大きい影響をもたらしません.フッ素を使用していない場合は、1センチメートル,脳卒中、子供たちは、フッ素を使用しないでください、または親の指導の下で慎重に使用するために使用してください.また、フッ素は一種の有毒物質が人体に吸収しすぎるとによるフッ素中毒、国家規定加フッ素歯磨きの中の遊離フッ素は400-1200Pmの間.特に注意するのは、4の児童はフッ素の歯みがきを使うべきで、1/8~1/4の歯みがきは彼らに呑入口にある可能性がある.歯磨き粉使用上の注意事項①盲目的に信じないでください.歯みがきは口の内にとどまる時間が長くなくて、いくつかしゃぶて、一部の特効歯磨き粉は短い時間内に薬効することができにくくて.歯の健康なら、普通の歯磨きを選択することができます.②歯磨き最高交換用に長期的な使用の同じ種類の練り歯磨きを歯を磨いて、特定の有害の口腔の病原菌耐性と耐性を失って、歯磨き滅菌マウスピースの役割.何種類もの歯みがきが交互に使うことを防止して、このようにも口腔内の細菌があることを防止することを防止することができます.だから、いくつかの歯磨きが交互に使うと,賢明な選択だと言われている.歯みがき1チューブの歯みがきを使うのはあまりに長い歯みがき使う時間が長くなって、空気の中の機会を暴露することが多く、歯ブラシの接触頻度は高く、細菌の機会に接触しても大いに増加する.家族でない④管歯磨き各人の口腔は細菌が存在する環境で普段はもっとまじめに歯を磨いて、歯の表面に殘るのは減少細菌、完全に根絶して、特に歯ブラシ毛の隙間に付いているが細菌.もし家族が1人の歯みがきを使うならば、すべての人の口腔中の細菌はいずれも筒先が集まって、その後.