漢方薬漢方薬材の脳卒中養生丹参のよくある作用効果

p>を调经<丹参は痰を止める、鎮痛、凉血消癰以外に、純粋な心を煩わして、血を鎮めてなどの効果.日常よくある漢方薬の材料で、丹参の別名の紫赤参、丹参、红根など.は双子葉植物唇形科、乾燥根や根莖.

丹参のよくある作用

効果

丹参が抑制や殺すハンセン病菌:丹参、ない(蚤休)、刺包頭根皮(楤木根皮)各等量.は党参、ない研細い粉;更に刺包頭根皮水適量を加えて炒めて煮ましに三回は、三回煎液の濃縮が一定量(丹参、濡れない細粉)薬液、蜂蜜の適量、更にない丹参細粉を搗き、均等な作ごとに丸、丸じゅうごグラムの重さ;も作成軟膏剤.日に3度、毎回1丸、お湯で服を送る.

p>と<丹参治泻痢産育成气虚脱肛:党参(蘆炒め、メートル)じゅうグラム、あぶる耆、ビャクジュツ(純炒め)、ミリスチン、駆虫各7 . 5グラム、怀山薬(炒め)じゅうグラム、ショウマ(蜜あぶる)さんグラム、炙甘草3 . 5グラム.生姜は二枚焼き.又は追加制トリカブトの2 . 5グラム.

丹参が清肺金、補う元気、声、助筋力:党参500グラム(ソフト甘い者、切片)、桔梗の半分斤(切片)200グラム、竜眼の肉.焼き濃汁、しずく成珠、磁器盛贮.すべて1杯で、空腹のお湯冲服へも、薬を煎じる.

丹参治小児口内炎:丹参ごじゅうグラム、オウバク25グラム.細田に1て患部を吹く.

気力不足、脳卒中、内臓下垂:丹参、あぶる黄耆各じゅうごグラム、ビャクジュツきゅう、くグラム、ショウマごグラム.水ソテー、毎日1剤.

熱病喉が渇いて、口がからからに乾き:丹参とクコの実(に:いちの割合)を配合して参杞の粉薬を服用して、役に立つ息の唾液の分泌を促進しての効果.

丹参治ると原発性低血圧:丹参ろくグラム、黄耆ろくグラム、五味子、麦冬、シナモン各さんグラム.研粉丸のみにするたびに、ろくグラム、毎日さん度、服さんじゅう日.

丹参治服の寒い峻剤で、その結果損傷の好み、弁舌瘡ができる:丹参(焙煎)、黄耆(肉)各じゅうグラム、茯苓ごグラム、甘草(生)2 . 5グラム、シャクヤク3 . 5グラム.白焼き、温服.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です