癌予防、脳卒中選んでいい三招蒲瓜

俗諺説:人どれ衰えて,脳卒中、種の蒲仔生アオウリ.蒲仔は食卓にありふれた蒲ウリ、シロウリはヘチマの俗称で、この2種類の果物は夏の健康食材を豊富に産出する.そのうち、果肉甘い蒲瓜,調理後ソフトは口当たりが良くて、更にビタミンC、βカロテン、食物繊維などの多種の栄養素を保護することができる、心臓の血管、癌予防、ヘルシーな料理をする.枝の緑、形の完備と綿毛の3大原則として、新鮮な甘い柔らかい嫩の出歩くを購入することができます.に加えて、非常に低い、水分量が95、解熱利尿、タンパク質とカルシウムが豊富に含まれ、骨、歯を強化、発育期に適合した子どもを食べることができる.煮た後の出歩くとして、歯の機能がよくない老人と子供も中から繊維を摂取することができます.現代医学の研究は更に発見して、このインターフェロンは癌細胞の成長を抑制することを抑制して免疫を強めて、癌を予防することができて、利益はよけいに.

夏はちょうど蒲瓜の産地期だけでなくて、生産、また分を花蒲、長い蒲、丸い蒲など様々なタイプが、眼花撩乱.以下は、品ぞろえの三大原則を整理し、気楽にコツを選んで.1 .枝が太くて、翠

の枝は太くて、代表は栄養を代表して、口当りは比較的に新鮮で柔らかい.緑の枝は実収を採取してまもなく実収、もし1段の時間を保管するならば、乾は乾して萎縮します.2 .頭が中位て損傷がない

を選ぶべき形の完全な蒲メロン、それぞれ約300~500グラムを宜.穴や損傷、瓜肉の品質に影響を与えやすくなりますが、比較に耐.表皮は絨毛の毛を帯びて光沢がある

毛の分布は均一で外皮が滑らかで、収獲を採取してほどなく、口当たりが柔らかい.表面には毛や凸凹がなければ、このような出歩くは品質が劣る.

新鮮味甘い蒲瓜限り、少量の塩や海老提味も美味しいです.夏の高麗料理の価格が高い時、多くの婦人会は出歩くかんなをギョーザや饅頭のあんこ,風味の良い.しかし、出歩くは、栽培過程や変種に苦味が生じ、食用後におびえる、嘔吐が原因となります.そのため、苦しみを食べていれば、食べないでください、食べ物に中毒しないようにします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です