石臼製脳卒中粉香口《手紙》口甜日間

石臼製粉香口口甜、紺碧の空の一線.

30に明沙は川をつないで手にやっておばあさん圪人巢ドリル.

Pは枯れた枝には花、生きている2鴛鴦がばらばらになっている.

対サイドのほとりの山峁峁寂しい、毎日に百回妹たい.

p>井子<庭園の中に水をかけて、私達の2人は圪人窪の約束,
.

サリュウ柳箸粗わん、見て妹もでき.

すべての窪に,脳卒中、瓜はゴマ、私たち二人には.

Pは、キジに溝を飛び、下の妹は一度行ってきました.

君ははげ落ちに立って立って,人は生きているとよく会います.

楡林の白布ハクモクレンのシャツは、顔を見て3兄胭脂おしろいを塗る.

静かな夜に夜ご飯を食べてあんなにたくさん、今圪人の中で回転.

雀雀が麻に沿ってサイド、口をかまれる舌の先蜜甜より.

pは頭の中には黒影が大きく、2匹の目が涙が枯れる.

満天の星月は不明、私たち二人は仲がいい.

扭住君の腕の手を引いて、次の日に行かないで.

に胡雁日を飛んで、兄とたくない私がまた誰?

あなたの妹の心にあなたを愛して遠出を受けて飢えと寒さ.

Pは頭の中で頭が泣く,中には身内を捨てないとどうするべき.

拦羊喉回牛声日間、手紙に歌う天下人に聞いて.