脳卒中経口ビタミンB 1七禁忌

は、食後にビタミンB 1を服用して吸収されています.ビタミンB 1は水溶性のだから、空腹で服用したらすぐに吸収され血液に入り、人体に利用する前に腎臓などで体外に排出することができます.

p〉〈時は> <,
;二忌と
アスピリン
.
アスピリンは胃で加水分解してサリチル酸、ビタミンB 1は胃液のpH値が下がることができ、アスピリンの胃粘膜の刺激に対する刺激が激化させる.だから両者は同時に服用してはいけない.

p〉〈時は三忌<>と<経口
避妊
.
は、ビタミンB 1の代謝を加速し、血液中濃度を低下させることができる.長期経口避妊薬者は適当にビタミンB 1を補充して補充するべきだ.

p〉〈時は四忌<>と
製薬
.

製薬は四季靑い片、風邪の寧、化合センニチコウ片、紫の粉、舒痔丸、七厘散、虎杖エキスの切れ、腸風槐角丸など、タンニン、ビタミンB 1結合瀋殿物を生み、人体に吸収されにくいを利用し、ビタミンB 1変質薬の効果を下げて.

p〉〈時は五忌<>と
フィリン
薬物
「ビタミンB 1 p>アルカリ性の環境の中で安定しないし、すぐに分解させ、破壊され、薬効も失効を下げる.

p〉〈時は六忌<>と合用薬用炭.
ビタミンB 1は薬用炭に吸着して薬効を下げることができます.応用するならば、先にビタミンB 1、2~3時間後にまた薬を飲んで炭を使うことを使用することができなければなりません.

p〉〈時は七忌<>

によって、腸粘膜の働きを妨げ、ビタミンB 1の吸収を吸収し、ビタミンB 1の吸収を吸収している.

(責任編集:徐晓宇実習編集:姜文林)

が一番人気蚊に刺され保健熱文愛のサングラスを目を見張り蒸し暑い日>電話方式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です