郷愁脳卒中_いち

私はどこに故郷の春<P>が懐かしいです

雨が降って、故郷は雨のぼんやりしたは、あたかも私の迷迷荡荡の郷愁.

私は、このふもとの村、中腹には、中腹には、山腹の下には、この、私は、,、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,脳卒中、、、、、、、、、、、、、.22008に臨み、同は天から落ちてきた雲のでしょう、あのような絢爛、梨林しかし晃が白くなった人の目には、曲がりくねっている春江は、私にどうして憧れない.その1たたきの洗濯の音の中、私の後ろ姿があります.あの緑水この翻っているくらいのピンクの花びら.川の柳を吐いて、そのあでやかな枝、かつて私たちの口の中の笛吹いて、よに吹いて、吹き飛ばした少年は、緑の春を吹く.

少年時には雪戦の赤城の頂上、長満満開のツツジの花?その幾重にもの赤岩が緑、赤と緑に似合うというのが一番.国清山の野たかみな人が取りますか?今、私は食べても、すべての紫の小さい女の子が食べ得ることができません.蘭蘭ああ、あなたは本当に空谷幽兰となりました.往年は、私はいつもあなたを山から家まで私を伴って、书声、時間を過ごす.

子供のころの仲間、あなた達はまた凧を揚げますか?高高い丘で.暗くなった、母が家にもたれ.たれもたれ、盼望のは遠出する人は、泥の子供,
.

はまた雨が降って、しめやかなないような雨,倒像は煙のような郷愁霧.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です